女性ばかりの職場で出会い系アプリを使った体験

私は、女性ばかりの職場に勤めている、20代後半の女です。
女性ばかりの職場だと、同性だからこそわかり合える悩みがあったりするので、相談し合ったり励まし合ったりできますし、休憩中は「プチ女子会」みたいにガールズトークができて楽しいです。
でもその一方で、女性ばかりの職場だからこその派閥もあったり、異性との出会いのチャンスが皆無だったりと、良くないこともあります。
中でも私は、出会いのチャンスがないことに焦りを感じていました。

 

そんな時、高校時代の友達から、「私ね、今度結婚するんだ」という報告を受けました。
彼女は元々、男性と接するのが苦手なタイプの子で、「多分私のほうが先に結婚するんじゃないか」と思っていたので、結婚の報告には、正直開いた口が塞がりませんでした。
驚いたと同時に、男性と接するのが苦手なタイプの彼女が、一体どうやって結婚まで漕ぎつけたのか、その過程が気になりました。

 

聞くところによると、「彼女は出会い系アプリを利用して相手の男性と知り合った」ということでした。
そして、「出会い系アプリは、メールの関係から始まるから、わたしみたいに男子と接するのが苦手な人でも楽だし、思ってるほど怖いものじゃないよ!」と、私の背中を押してくれました。
「だったら私も!」と思い、彼女が利用した出会い系アプリに、その場で登録しました。
恋愛目的なら出会えるアプりワイワイシー
今はまだ出会えていませんが、いろんな機能があって楽しいですし、タイプの男性も結構多くて、「閲覧者」をやっているだけでも幸せです(笑)

 

婚約者とは出会い系アプリで知り合った

私には、アプリで出会った婚約者がいます。
今日は私が、婚約者である彼女と出会った時のことを話したいと思います。
使ったアプリはもちろんYYCです。詳しくはココのページで

 

アプリを始めようと思ったのは、私が元カノと別れたことがきっかけでした。
元カノは同級生で、中学3年の時から二十歳まで、約5年間付き合っていました。
付き合っていた期間が長いので、周りからも「このまま結婚するんでしょ?」なんて言われることが多かったんですが、元カノが専門学校を卒業したと同時に、就職で遠方に行ってしまったため、それで関係は終了しました。

 

さすがに5年も付き合っていると、別れた時のダメージは大きかったです。
それで、しばらくは精神的にもかなり酷い状態で、自分を責めたり無気力になったりしていました。
あの時に病院に行っていたら、多分それなりの病名が付いたんじゃないかと思います…。
でも、時間が経つにつれて、元カノと別れたという現実を受け入れることができるようになってきて、精神的にも安定し、「次に行こう!」と思えるようになりました。

 

「次に行こう!」と思えたのは、「現実を受け入れることができるようになってきたから」ということだけではありません。
恋愛に非積極的だった友達が、アプリで恋愛を成就させたんです。
そのことに勇気づけられた私は、友達が恋愛を成就させたアプリを紹介してもらい、自分も使ってみることにしたんです。

 

正直、「そんなに簡単には出会えないだろう」と思っていました。
でも、運が良かったのか、わりと簡単に今の彼女と出会うことができました。

 

彼女は料理が得意で、お互いの家を行き来した時には、いつもおいしい料理を作ってくれます。
情けないことに、私は好き嫌いが結構多いのですが、彼女が作ってくれるものだったら、嫌いな食べ物もなぜか食べられます。
とても不思議です。
そんな彼女の料理が、毎日のように食べられる日々がすぐ目前に迫っているんですけど、婚約中の今も待ち遠しくてたまらない状態です(笑)

 

第一印象こそパッとしなかったものの、話してみるとすごく良い子だった彼女。
彼女と出会えたこと、そしてこれからの人生を一緒に歩んで行けることには、感謝してもしきれません。

 


このページの先頭へ戻る